私達は地域のシニア世代13名が集まりメカニカル、電気回路、樹脂の加工や接着、ぬいぐるみなどの縫製、木工など、得意とする分野に磨き抜かれた経験や知識を出し合い、助け合って進めているボランティアサークルです。

  おもちゃQキュー病院、修理風景
 
 
 

 おもちゃ修理を通して伝えたい事
 おもちゃは修理して使う事を前提に作られていない為、修理の体制が整っていない。何 でも壊れたらすぐ新しい物を買い与える事が助長される時代に、お父さんお母さんと共 に子供達に直して使う、物を大切にする心や科学する心を伝えて行きたい。又、環境に も優しい「省エネ、省資源」への取組みともなる。
 ドクターの心意気 
 最近のおもちゃは多様な機能を持つ物が多くなっているICが組み込まれた物、ギヤの 組み合わせで複雑に動く物、記憶装置が内蔵されている物、様々なセンサーが組み込 まれた物等、私達ドクターを悩ませるおもちゃが多い。
 しかし、壊れたおもちゃを大事に抱え「直るかなと?」不安そうに持って来る子供達の顔を見ると何とか、直してやろうとファイトが湧く。
 笑顔が報酬
 直って持ち帰る時の嬉しそうな顔「ありがとう」と弾んだ声、私達ドクターは「笑顔が報酬」です。


▲HOMEへ戻る